酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
定休日
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
定休日
未成年者飲酒禁止
 

御前酒 9nine・the silence(辻本店)岡山県

辻本店

文化元年(1804年)、岡山県真庭市勝山に酒造業を創業。当時は三浦藩御用達の献上酒として「御膳酒」の銘(現在の銘柄の由来) を受け、一般には「萬悦」の銘柄で親しまれていました。
「うまさけの国」と言われる「美作(みまさか)」の地(岡山県北の旧国名)で、寒冷な気候、良質の酒米と水という、 恵まれた環境の元、綿々と酒造りをおこなっています。
昭和45年頃に純米酒の製造にも積極的に取り組み、現在では製造数量の6割以上を占めています。
備中杜氏組合長でもあった前杜氏、原田 巧の技を引き継いだ、七代目蔵元の子麻衣子氏が酒造りを行っています。
蔵元の辻家には、文人墨客の訪れることが多く、与謝野鉄幹、晶子夫妻の逗留をはじめ尾上紫舟、碧梧桐等が画帳、色紙を残しています。
また、旨酒をこよなく愛した明治の文豪、谷崎潤一郎は当地で「細雪」を執筆していました。歴史学者である奈良本辰也を始め、池田弥三郎、渥美清、永 六輔等、多くの客人が訪れています。
酒を通したさまざまな文化とのふれあい。 こうした御前酒の歴史こそ、上質の酒造りの伝承と本物へのこだわりであり、次代の酒文化の担い手としての心意気を示すものに他なりません。

〜辻本店が醸す酒「御前酒」〜

READ MORE (もっと見る)

トップ > 御前酒 9nine・the silence(辻本店)岡山県

全12件