酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日
当日発送は午前9:00までの受付
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
 
  • 浦霞 純米酒
  • 浦霞 特別純米

浦霞(佐浦)宮城県

東一(五町田酒造)酒蔵

1724年(享保9年)、宮城県塩釜市で創業。
以来奥州一ノ宮であり、1000年以上の歴史を持つ鹽竈神社の御神酒酒屋として酒を醸し現在に至っています。
宮城県は全国屈指の米どころとして、ササニシキやひとめぼれなどの美味しい銘柄米の産地です。
また世界でも有数の漁場である三陸沖が間近に控えており、塩釜は豊富な海の幸、特に生鮮マグロでは 全国屈指の水揚げ港としても知られています。
松島湾の牡蠣はその美味しさで全国的にも有名です。

豊かな食文化のまち塩釜には、毎年鹽竈神社の参拝客や近接する日本三景松島を訪れる大勢の観光客が立ち寄り、 賑わいを見せています。
浦霞は、このように歴史的にも食文化的にも恵まれた塩釜の地で地域社会と深く関わり合いながら 発展し、その味わいが育まれ、磨かれてきました。

昭和20年代から30年代にかけて浦霞の名を高らしめた南部杜氏の至宝平野佐五郎氏、またその甥で半世紀以上にわたり 浦霞の酒造りを支えてきた名誉杜氏の平野重一氏は、各種の鑑評会で数々の受賞歴を有し、酒造りの歴史にその名を刻んでいます。
その酒造りは基本に忠実な丁寧な酒造りであるとともに、良いものであれば進んで取り入れる懐の深さでもありました。
浦霞ではその技術の蓄積と細心の努力により最高品質を実現しています。

日本酒が持つほど良い米の旨み、味と香りの調和のとれた、まろやかで上品な味わいが特徴です。

トップ > 浦霞(佐浦)宮城県

全2件