酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

OFFICIAL SNS
facebook_side_pc

instaglam_pink_side_pc

line_sike_pc

2020年 02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
定休日
2020年 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
未成年者飲酒禁止
 

  • 橘花 KIKKA GIN
  • 橘花 KIKKA GIN
橘花 KIKKA GIN 橘花 KIKKA GIN

都奈良のボタニカルがジンと融合。
風の森が造りあげるクラフトジン

橘花 KIKKA GIN 700ml

送料方法について:
常温便

商品番号:59052

価格:5,000 円(税別・送料別)

購入制限:なし

かごに入れる

日本酒業界ではその名の知れ渡った有名蔵「油長酒造(主要銘柄:風の森)」が、ジン製作の為に立ち上げた「大和蒸留所」で造るクラフトジンです。築150年の古民家で造られるジンは奈良の歴史を感じさせてくれる逸品。

ベーススピリッツにはライススピリッツが用いられ、柔らかな口当たりを感じさせてくれます。ボタニカルにはジュニパーベリーに加え、「大和橘」と「大和当帰」を使用。あえてボタニカルを少なくしているのは、奈良伝統のこのボタニカルの風味を最大限に引き出す為。
柑橘のフレッシュな香りの中に、大和当帰の爽やかな香り。

度数は59%と高く設定されており、割り方次第でで多種多様な表情を見せてくれます。度数が高い状態ではキリっとキレのある爽快感、低くなるにつれ芳醇な甘みが口内を包みます。

水で薄めていくとうっすらと白いにごりが現れます。これは高い度数では溶け込んでいた大和橘が持つ油分によるもので、ボタニカルとして使用している果皮が多いからこそ生まれる上品質の証。ジントニックやジンライムはもちろん、食の油分を洗い流してくれる二つのボタニカルの爽やかさで食中酒としてもオススメです。

瓶ロゴは橘花が使われています。実はこのロゴ、油長酒造の山本社長の家紋。知っていたわけではなく、本当に偶然だったそうです。巡り合わせを感じずにはいられません。飲み方に正解はありません、多種多様な表情を見せてくれるジンです。お好みの飲み方でお楽しみください。

・使用ボタニカルについて

【大和橘(やまとたちばな)】
大和橘は古事記では「不老不死の実」として紹介されている、日本固有の柑橘類。小さな実ですが香りが強く、ほんのりと甘みを含んだ柑橘です。

【大和当帰(やまととうき)】
大和当帰は古くから奈良県を中心に生薬として親しまれてきました。根は医薬品ですが、近年、葉は「非医(医薬品ではない)」とされ、多くの場所で注目されています。ハーブのように強い香りを放ち、爽やかな味わいが特徴です。

風の森(油長酒造)酒蔵

使用原料(ボタニカル):ジュニパーベリー/大和橘/大和当帰  度数:59度

風の森(油長酒造)酒蔵

300年の伝統をもつこの蔵の主役は、20代、30代の若者たち。
『日本酒の価値とは何か?それは、人が食事をして酒を飲む。という日常を、より豊かに愉しいひとときに変える事だと思う。そのために風の森はどのような日本酒を造り、その役割を担うのか。お酒を飲むという一連の動きの中で人間の五感をくすぐる酒を提供したい。そのためには活き活きとしたライブ感あふれる日本酒を造りたい。』
このような想いを追求しながら、 若い力で世界に挑戦する日本酒を生み出しています。