酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

OFFICIAL SNS
facebook_side_pc

instaglam_pink_side_pc

line_sike_pc

2020年 04月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
定休日
2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
未成年者飲酒禁止
 

  • 宮寒梅 純米大吟醸 吟のいろは
  • 宮寒梅 純米大吟醸 吟のいろは
宮寒梅 純米大吟醸 吟のいろは 宮寒梅 純米大吟醸 吟のいろは

20年以上振りに宮城で生まれた新種の酒米
のいろは」デビュー

宮寒梅 純米大吟醸 吟のいろは 1.8L

送料方法について:
6月〜9月は、車内が高温になるため、
配送方法はクール便を推奨します。

商品番号:12523

価格:2,900 円(税別・送料別)

購入制限:なし

かごに入れる

2020年2月22日、宮城県では「蔵の華」以来およそ23年振りとなる新種の酒造好適米「吟のいろは」が誕生しました。
そしてそんな出来立てホヤホヤの酒米を宮城県の看板蔵「宮寒梅」が醸します。
吟のいろはの特徴は柔らかで芳醇。まさに宮寒梅の得意とするところではないでしょうか。
その特徴を生かし、柔らかさ、ふくよかさを重視し、ふっくらと優しい甘みを持ったお酒となっています。
程良い酸味は旨みある酒質のバランスを調整する担い手。はっきり言って流石の仕上がりです。
しかもそれで純米大吟醸で税抜き¥3,000-を切る価格。
一度は飲まれてみても全く後悔させない完成度です。

宮寒梅(寒梅酒造)酒蔵

使用米:吟のいろは 磨き:50%

宮寒梅(寒梅酒造)酒蔵

宮城県大崎市で、大正5年、岩崎酒造の名で創業されました。その当時、地域一帯15町歩以上を有する地主で、小作人から地代の代わりに集めた産穀米を使って酒造りを始めたのが始まりでした。 清酒「誉の高川」の銘柄で地元を中心に販売していましたが、昭和14年戦時下の中、米不足のため製造を中断しました。昭和32年、酒造りへの情熱から合名会社 寒梅酒造の名で復活しました。 生産量の中で純米酒が占める割合が60%と多く、吟醸酒を含めると80%以上が本物志向の個性豊かな地酒です。