酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

OFFICIAL SNS
facebook_side_pc

instaglam_pink_side_pc

line_sike_pc

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
定休日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
未成年者飲酒禁止
 

  • 風の森 純米大吟醸 300周年記念酒
  • 風の森 純米大吟醸 300周年記念酒
風の森 純米大吟醸 300周年記念酒 風の森 純米大吟醸 300周年記念酒

保4年より続く油長酒造の結晶

風の森 純米大吟醸 300周年記念酒 生 720ml

送料方法について:
こちらの商品は生のため、
配送方法はクール便を推奨します。

商品番号:12387

価格:5,000 円(税別・送料別)

購入制限:なし

品切れ

風の森 愛山 純米大吟醸 しぼり華

徳川吉宗が将軍を務めた享保の時代から続く老舗、油長酒造。
その創業300週年を記念した記念酒が登場。
風の森の顔とも言える「秋津穂」を使用し、裏面には秋津穂を造る30名の契約農家の名前が記載されています。
これは風の森が取り組んでいる農家の顔が見える日本酒造りの一環。
信頼できる農家の方が栽培したお米を丁寧に30%まで磨き上げています。
そしてもう一つ、このお酒には新たな醸造技術が使用されています。
それは洗米を行う水にウルトラファインバブルを使用しているということ。
ウルトラファインバブルはml当たり3億個もの気泡を持ちます。
これによって究極まで研ぎ澄まされた、美しい酒が生まれます。
宝石のように輝く味わい。
まさに300周年を飾るにふさわしいお酒です。

風の森(油長酒造)酒蔵

使用米:秋津穂  磨き:30%

風の森(油長酒造)酒蔵

300年の伝統をもつこの蔵の主役は、20代、30代の若者たち。
『日本酒の価値とは何か?それは、人が食事をして酒を飲む。という日常を、より豊かに愉しいひとときに変える事だと思う。そのために風の森はどのような日本酒を造り、その役割を担うのか。お酒を飲むという一連の動きの中で人間の五感をくすぐる酒を提供したい。そのためには活き活きとしたライブ感あふれる日本酒を造りたい。』
このような想いを追求しながら、 若い力で世界に挑戦する日本酒を生み出しています。