酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
定休日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
未成年者飲酒禁止
 

  • 七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入
  • 七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入
  • 七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入
  • 七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入
七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入 七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入 七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入

幻の酒米と呼ばれた「滋賀渡船6号
派手さは控えめながらも優しい旨みに頬が落ちます

七本鎗 純米大吟醸 渡船 1.8L 火入

配送方法について:
6-9月は車内が高温になるため、
配送方法はクール便を推奨します。

商品番号:11549

価格:4,000 円(税別・送料別)

購入制限:なし

かごに入れる

明治期に誕生し、一度は途絶えた幻の酒米「滋賀渡船6号」を原料米とする純米大吟醸。
一般的な大吟醸クラスの華やかな香りはありませんが、旨みは優しく穏やかに染み渡ります。
とてもバランスよくキレの良いスッキリとした仕上がりのため、食事の場でも活躍のお酒。
際立った個性はない酒質ですが、それよりも重要な、高品質でしっかりまとまった上品なタッチの酒。
しかも飲み飽きしないメリハリのあるタイプです。
いぶし銀という言葉がよく似合うお酒です。 

七本鎗(富田酒造)酒蔵

使用米:渡船 磨き:麹米50% 掛米50%

七本鎗(富田酒造)酒蔵

清酒『七本鎗-しちほんやり-』で全国にその名を轟かせるな冨田酒造は西暦1534年(天文3年)頃の室町時代に創業を始めた日本でも屈指の歴史をもつ酒蔵。 蔵を構えるのは、琵琶湖の最北端で旧北国街道沿いの宿場町、近江国は長浜市木之本です。 木之本は北国街道の宿場町として開きましたが、 ”木之本のお地蔵さん”で有名な木之本地蔵院の門前町としても賑わいました。 宿場町として大きく栄えた木之本は江戸時代には参勤交代で多くの人々が行き交い、この地で七本鎗を嗜んでいたと思われます。 今でこそ交通が発達して旅人の数は少なくなりましたが、木之本に根付いた「七本鎗」は雪が降り注ぐ湖北の地で昔ながらの厳寒仕込みに取り組んでおられます。 また町並みには油屋・醤油醸造元・造り酒屋などがあり、裏通りには紅殻格子の町屋や長屋門なども見られて、風情がある古き良き町並みです。