酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
定休日
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
未成年者飲酒禁止
 

  • 獺祭 純米大吟醸 50 (箱なし) 720ml
  • 獺祭 純米大吟醸 50 (箱なし) 720ml
  • 獺祭 純米大吟醸 50 (箱なし) 720ml

このスペックでこの価格!!
はっきり言って安いです!!

獺祭 純米大吟醸 50 (箱なし) 720ml

送料方法について:
6月〜9月は、車内が高温になるため、
配送方法はクール便を推奨します。

商品番号:10062

価格:1,425 円(税別・送料別)

購入制限:お一人様3本まで

かごに入れる

「獺祭」といえば、先ず名前が挙がるのがこの、
「純米大吟醸50」、通称『50』ではないでしょうか。
酒造好適米の山田錦を50%の高精米にかけているにも関わらず、
信じられないほどの価格を実現。

立香はベリー系の果実のような華やかな香り、
ワイングラスのように口の大きいグラスで飲むのもオススメです。
味わいは、フルーティーな吟醸香と、米の旨みが飲酒欲を刺激し、
スルスルと喉の奥へと流れ込んでいきます。

実は、この獺祭、どちらかといえば辛口のジャンルに入るお酒。
飲んだあとに仄かな余韻を残しながらも、
スッと潔く消えていくその後味に辛口の美点がでています。

獺祭(旭酒造)

使用米:山田錦  磨き:50%

獺祭(旭酒造)

獺(かわうそ)に祭と書き「獺祭(だっさい)」と読む一風変わった名前を持つこの日本酒は、山口県の玖珂郡周東町(くがぐんしゅうとうちょう)にある旭酒造が造る、日本酒ファンの間でかなり話題になっている地酒です。
獺祭(だっさい)の言葉の意味は、獺(かわうそ)が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします。
明治の日本文学に革命を起こしたといわれる正岡子規も自らを獺祭書屋主人と号していました。
獺祭の代表銘柄でもある二割三分は2002年にモンドセレクション金賞を受賞し、多くの著名人も一押しの酒に挙げる、今最も注目されている日本酒です。
旭酒造が目指す蔵元像
酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて。
大量販売の論理から生まれた酔えばいい、売れればいい酒ではなく、おいしい酒・楽しむ酒を目指してきました。
結果として、蔵内平均精白41%、出荷量の全てが精白50%以下の純米大吟醸になりましたけれど、何より、酒のある楽しい生活を提案する酒蔵であり続けたいと考えています。
生活の、一つの道具として楽しんで頂ける酒を目指して、「獺祭」(だっさい)を醸しております。
(※旭酒造サイトより一部引用)