酒やの鍵本
酒やの鍵本トップページ
1万円5千円以上お買い上げで送料無料
即日配送
FAXダウンロード
日本酒を地域で探す

category

化粧箱のご案内

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
定休日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
未成年者飲酒禁止
 
  • ひやおろし
  • ひやおろし

    ひやおろし

    秋になると、日本酒は『ひやおろし』という新たな季節酒の到来を迎えます。
    冬に搾られた新酒は、夏の暑い時期をひんやりとした貯蔵庫で越します。それによって円熟味を帯びたひやおろしは、日本酒の四季酒の中でも随一の旨さであるとの評価を受けています。
    豊饒の秋を楽しむひやおろし。
    全国各地の様々な銘柄のひやおろしを入荷しています。
    伝統と、四季のある日本ならではのお酒で贅沢な秋の味わいを是非堪能して下さい。


    ひやおろしってどんなお酒

    ひやおろし

    『ひやおろし』は日本酒の”秋のお酒”です。
    もちろん秋に出荷されるお酒であれば、どんなお酒でも「ひやおろし」になる訳ではありません。
    ひやおろしの歴史はなんと江戸時代にまで遡ります。
    遠い江戸の頃、当時は冷蔵設備が整っておらず、品質の劣化が早い夏にお酒を出荷することは非常に難しい時代でした。
    そこで先人達は酒造りの最盛期となる10月-3月の間に搾られた新酒を、ひんやりとした貯蔵庫で寝かせていました。
    この際、一度火入れ(滅菌処理)を行い、大桶に入れられます。
    火入れの理由は、香味を安定させてから熟成させるため。
    そして外気の温度が、貯蔵庫と同じくらいの気温になった頃、熟成による抜群の旨みのバランスを壊さぬよう、
    「冷や」(一回のみの火入れ、通常は二回火入れ)のまま大桶から「卸される」ことから、「ひやおろし」と呼ばれるようになったのです。


    ひやおろしの味わい

    READ MORE (もっと見る)

    トップ > ひやおろし

    全44件